ワークライフ・バランスを考えて

【女性のワークライフ・バランス】
看護師は一度辞めると再就職が難しい職業の一つです。それは新しい技術や薬の導入で自分の知識が古くなってしまうことや施術などの感覚を失ってしまうことが理由であることもあるのですが、その前に立ちふさがっているのが、女性のワークライフ・バランスを考えた場合、ずっと働き続けるのが難しいという職場環境にあります。

【退職理由】
今でこそ結婚で退職することは減ったもの依然として退職理由の高位にあげられますし、ましてや妊娠・出産後、産休や育休をとれる環境が整っていない病院が未だ多いのも確かです。また、そのような制度があったとしても、夜勤がある通常勤務では子供を預けるのに通常の保育園では時間的にあずけ切れずに、時間外の認可外保育園を探さねばなりません。そして現状ではそのような保育園はたいへん少ないため、子供を預ける場所がない、という現実に突き当たってしまい、退職せざるを得なくなってしまうのです。また、家事との両立ができないという理由で退職をする人も多いようです。

【復帰そしてキャリアアップには?】
しかし、家族の協力があれば働き続けることも可能です。まずは非常勤で復職し、子供の成長に合わせて次第に働く時間を増やすなどのキャリアアップができます。また、夜勤専従になることによって、昼間は家事・育児をおこない、夜、家族とバトンタッチして勤務に出るという働き方もあります。こういう働き方をしているママさん看護師は結構、多いのです。こうして働き続けていくことでキャリアアップしていくことが理想ですね。子供が高校生になっている人で、手術室の責任者になっている人もいます。

【妨げるもの】
一番大きなものは求人の少なさです。前述した理由で新しい技術・薬に対応できないことを理由に正規職員の求人が少ないのです。この部分は研修で十分対応できるはずなのですが、まだまだこういった研修を実施している病院は、特に中小の病院では少ないのが現状です。そのため、非正規の職員として復職して、そのまま機会もなく低収入で働き続ける人も多くいます。望んで、そのような働き方をする人もいることは確かです。

【病院以外でのキャリアアップ】
病院以外の職場、介護職であるとか企業・保育園や学校などの場所に安定した職を見つける人もいます。保健所に勤務する人もいます。看護師を必要とする職場は意外と広いものです。そこで自分にあったキャリアアップを重ねる人もいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です